メリットがいっぱい

太陽光発電には、メリットがいっぱいある。
一つ目はやっぱり、なんと言っても昼間の余剰電力の売電だ。
特に、共働きの家は、昼間には、冷蔵庫等常に通電している家電以外はほとんど電力を消費しない。
その為、発電量の多くを売電できるからだ。
そのメリットは非常にお大きく、直接家計に影響する。
そして、太陽光発電システムを導入したことによって、リアルタイムで発電量と電飾消費量をモニターできるようになることも、大きなメリットです。
もちろん、これで、どれくらいの電力を電力会社に売電したかが分かりますし、どれくらい電力を消費しているかも、分かるのです。
つまり、どの家電を使うとどれくらい消費量が上がるのかを実際に確認することが出来るのです。
冷蔵庫のコンプレッサーが動き出すと、すぐに電力消費がわずかに上がることも確認できます。
これらは、大人の我々にとっても節電を大きく意識するきっかけになりますし、子供にとっても、節電を意識する良いどう気になっています。
そして、これまで以上に日中のお天気を気にするようになります。
本当に、発電量とお天気そして、日照時間が比例しているので、導入前だったら本当に気にしないようなことに付いても、子どもは(大人も)好奇心を持つようになりました。
節電をより意識するようになって、太陽の恵みについても意識するようになる。
これは、間接的にではありますが、自然環境保全に貢献することにも繋がっていますが、それを意識するきっかけにもなっています。
政府には、補助金等で自然エネルギーの普及をもっと後押ししてほしいと思うくらいです。