エコ意識を高める

群馬県前橋市のキャッチフレーズは「水と緑と詩のまち」です。
蛇行する利根川と自然豊かな緑がある町で2008年全国都市緑化フェアが開催された都市としても有名です。
それほど市を挙げて自然保護をうたっている前橋市には太陽光発電の普及率を高めていくべきだと思います。
太陽光発電というと発電するときに二酸化炭素排出しないため地球温暖化を防止することができると注目が集まっているのです。
また、太陽光発電は二酸化炭素を排出するだけではありません。
利用者のエコの関心を常に高めてくれる効果があります。
というのも、最近ではパワーモニターがついているものが取り付けられているものが増えてきているからです。
そのため、常にどのくらい発電しているのかチェックすることができるため、常日頃から自然環境のことを気を留めることができるわけです。
そのため、太陽光発電のエコ効果は決して二酸化炭素を排出するだけでなく、日常的にエコを意識させるようにすることで他の環境活動などにも良い効果を与えていくことができるはずです。
だからこそ、「水と緑と詩のまち」というキャッチフレーズを打ち出している前橋市にこそ太陽光発電システムの普及率をアップさせていくべきだと思っています。
そうすることで、発電にかかる二酸化炭素を減少させて環境にかかる負荷を軽減できる一方で、エコ意識を高めていって他の環境活動にも市民を誘導していくことも十分にありえることだと感じています。

コメントは受け付けていません。