安心できる地球にやさしい電力発電について

地球温暖化が現在深刻な環境問題、社会問題としてとりあげられています。
さまざまな場所で環境に配慮した取り組みを行っているところも多いですが、電力発電方法を考えてみるのも立派な環境に配慮した活動です。
節電なども世間で話題になっています。
電力供給方法を地球温暖化をするめる二酸化炭素を排出するエネルギー発電方法から原因となる二酸化炭素を排出しない自然電力発電方法にきりかえようとする動きがさまざまな場所で実施されています。
自然電力発電方法にはさまざまなものがありますが中でも太陽光発電は太陽の光さえあればその光をエネルギーに変換するため、とても効率のよい自然電力発電方法といわれています。
電力を発電しやすい自然エネルギー電力供給方法であるためご家庭でのソーラーパネル設置もひろがっています。
電気代の節約にもなるため多くのご家庭で太陽光発電は支持されています。
そのため太陽光発電は安心でおすすめの自然電力発電方法です。
今後も普及が進むと思われます。

よく聞く「太陽光発電にして、よくなったこと」

一昨年の東日本大震災以降、原子力にたよる発電に対して、国民全体の総意のようになってしまいました。
ポスト原子力発電として、重油とかを燃やす火力発電とか、風の力をかりる風力発電、あるいは 空から無限に降り注いでくる太陽光線を電気に変える太陽光発電等が注目を俄然集めました。
特に、国策として、太陽光発電システムの普及を勧めているので、種々の対策がなされています。
太陽光発電システムを取りつけるのにかかる費用を削減させるために、国からの補助金、県からの助成金、そして 自家使用で使って 更にあまった余剰電力を電力会社が買い上げるシステムの構築がなされました。
その結果、5年前までは 平均的な戸建ての家では 400万円強で、費用回収には20年以上かかっていましたが、現在では各種施策のおかげで 250万円弱で 、投資費用の回収には 10数年で可能なようになってきました。
具体的には、地方に行くと、特に日照時間の多い 埼玉、群馬辺りでは 数年前に比べて、屋根の上に 太陽光パネルが確実に増えています。
地元の私が、ここ1年で 感じたのは、知り合いに 太陽光パネルシステムを取り付けた知人が 確実に増えたということです。
熊谷に住む友人の家の屋根には、太陽光パネルが付きました。
ギラギラと反射して、周辺にいくとまぶしいです。
家の中に入ると、リビングの柱のところに モニタ-BOXが
取り付けられていました。
その時の太陽光から発電している電気量が、ひと目でわかるようになっています。
同時に、その時、自家使用している電気量もわかるようになっています。
当然、二つの目盛を、読みとることで 余剰電力がわかるのですね。
その友達は、太陽光発電システムを取り付けたことで 色々と変わったことを説明してくれました。
まず、天気が気になるようになります。
雨だと 太陽光発電が出来なくなります。
また、自家使用をなるべくしないようになるようです。
具体的には、つけっぱなしの空調とか、消し忘れの照明がすっかりなくなったようです。
太陽光発電システムには、実際に売電することで、費用の回収が出来る以外に、このような居住者の省エネマインドの向上という 副産物があるようです。
面白いですね。

角度に気をつける

太陽光発電を導入される方はどんどんと増えてきています。
太陽光発電はこれからの地球を救う存在として、
多くの方に注目をされているようになっているのです。
その太陽光発電というものについてなのですが、
導入をして良かったと思っている方が多いです。
それにはいくつか理由があるのですが、
思った以上に電気代を節約できた、という意見が多くなっています。
太陽光発電を導入する理由としましては、
多くの方が電気代の節約というものを掲げています。
いわゆる太陽光発電に投資をしまして、
電気代金として取り戻す、というようなことを行っているのです。
これから多くの方もそういった目的を持ちまして、
太陽光発電を利用していくことになるでしょう。
それだけの素晴らしい能力を秘めているのが太陽光発電システムなのです。
そこで太陽光発電炉導入して良かったと思っている方についてなのですが、
共通してある事に気をつけて導入をした方が多いです。
それはどういったものであるのかといいましたら、
太陽光パネルの角度というものを気をつけるということです。
実は太陽光パネルの角度というものはかなり重要な存在になっています。
それは一体どのような事かと申しますと、
角度によりまして発電量というものに大きな違いがあるのです。
ちょうど良い角度を探し出しまして利用することで、
発電量が一気に増していくことも考えられるのです。
そうすることをした方が、
太陽光発電を導入して良かったと思っている方の中に多いのです。
また、太陽光発電の角度なのですが、ちりやほこりという面にもかかわっています。
ある程度の角度をつけることで、
太陽光パネルについたちりやほこりを雨で洗い流しやすくなっているのです。
ちりやほこりについてなのですが、
いつまでも太陽光パネルについたままにしておきますと、
発電効率が一気に下がってしまうようなこともあるのです。
発電効率が落ちてしまうのは太陽光発電にとりまして死活問題です。
そういった意味からも角度には注目をしていく必要があるというわけです。

安心して使うためには

我が家は去年の春、新築の家を建てました。
予算はあまりありませんでしたが、ちょうど国や県からの補助金申請もスタートしていましたし、少しずつ国内外ともに質の安定したメーカーが揃ってきたということで、我が家としては今がタイミングだと思い、一緒に太陽光発電の装置もつけました。
家づくりと一緒にやることで、屋根の場所に無駄がないですし、別途の工事に立ち会う必要もなく、とても便利でした。
あっという間に設置されていたので、入居とともに使うことができたのも良かったです。
また、設計の段階から、メーカー側でシミュレーションを入念にしてもらっていたので、早いうちにメーカーを選定できたのと、パネルに合うように屋根の形や方角を変えたりできたのも、無駄がなくて良かったです。
新居が完成した時、太陽光発電のパネルも込みで、デザイン性のある家だなと感じました。
すっきりした印象を持つことはできたのは、家づくりと並行できたからだと思います。
実際に入居の日、太陽光発電の使い方の説明はほとんどなかったので、最初は不安でしたが、太陽光発電が勝手に発電し、電気に代え、使わなかった分は電力会社に売るという一連の作業をしてくれているのが分かると、説明のしようがないということもわかりました。
そのくらい、申し訳ないくらい、太陽光発電は勝手に発電してくれています。
太陽光発電にして良かったことは、やはり光熱費がゼロになることです。
特に夏場は光熱費がゼロになるどころか、売電料の方が4万円もプラスになってビックリしました。
ふだん、家には誰もいないので、日中の使用電力が控えられ、ほとんどすべてが売電に廻ったからだと思いますが、そのおかげで、売電料で秋に家族で旅行に行くことができました。
それからは、電気の無駄遣いも減ったし、家族みんなが太陽光発電に積極的に意識を持つようになったのも、太陽光発電を設置して良かったなと思うことです。
太陽光発電が我が家の健康や日常のスケジュールに大いに関係していることも分かっています。

災害や停電でも安心

我が家も太陽光発電システムを取り付けました。
念願のマイホームを手に入れたその機会に。
始めに機器の購入と工事費用でお金がかかってしまいましたが、
基本的に毎月の電気代を安く抑えることが出来ますし、
余った電力は売ることも出来るので、
これからの長い人生をこの住まいで暮らすことを考えれば、
プラスになるだろうと決断しました。
また、この家を息子が受け継いだ時は、次の家族にもそのメリットは受け継がれます。
いつまでも無尽蔵に電気を使えるわけじゃないと分かっているので、
それを先取りしたと思えばよい買い物だったと今は満足しています。
もう一つ、太陽光発電システムを取り付けて得られた大きなものがあります。
それは“安心”です。
私たちは、比較的、地震の多い地域に暮らしています。
あの震災の時には親戚も被災しましたし、
送電がストップしてずいぶん辛い思いをしたと聞いています。
人間の作り出すモノの脆さを実感した貴重な体験でした。
太陽光は、自然が作り出すものです。
その温かな恵みは、いつでも私たちにエネルギーを与えてくれます。
地震はもちろん、台風や落雷による停電時でも、電気を供給してくれるのです。
太陽光発電システムには、「自立運転モード」というシステムが付いていて、
これに切り替えれば停電や長期の送電停止になった時でも電力を使用することが出来ます。
災害時でも電気が通っていれば、生活の基本となる食事の準備が出来ますし、
親類や友人、公的機関との通信手段や情報の入手も可能です。
今後、私たちが老いた時に万一のことがあっても、
まだ大船に乗っていられるという“安心”は何物にも代えられません。
また、私自身、自営で仕事をしており、
事務所の電力も安く賄えるというのも大きな利点です。
そして、数少ない従業員の安全をも守れるというのは、
零細企業ながら会社の代表たる私の自慢でもあるのです。
あの震災で、“いつか”とか、“もし”という曖昧な安全はなくなったと思っています。
どんな時でも自分たちで対処できる、まさに自家発電の心強さを手に入れたことは
家族にも、仕事上でも大きな決断だったと満足しています。

群馬で太陽光発電を考えていますか

群馬に住んでいて、太陽光発電を設置したいって思っているのであれば、まずは、補助金から調べてみるのもいいかもしれません。
補助金のことを知って、いくらくらい費用がかかるのかを知れば、積極的に導入することだってできるようになるでしょう。
では、群馬県ではどんな補助金の制度があるのでしょうか。
あまり知られていないのかもしれません。
最初から太陽光発電は高いからダメだと決めつけているんじゃないでしょうか。
群馬県では、補助金を支給しているんです。
1kwあたり2.4万円が支給されます。
上限額は8万円です。
そこに、国からの補助金と市区町村の補助金がプラスされますから、意外と初期費用が安く済ませられるんじゃないかって思います。
高いと思って毛嫌いしていたけれど、そんなに高くないんだったら、我が家でも太陽光発電を設置しようって思うようになるんじゃないでしょうか。
補助金の計算が難しいと思ったら、業者が計算するので見積もりを依頼してみましょう。

群馬での太陽光発電に適しています

太陽光発電で大事なのは、晴れた日がどれくらいあるかということと、お日様がどのくらいの時間出てくれているかということだと思います。
そのほかにも屋根の向きや、ソーラーパネル等のメーカー品質なども影響してくるとは思いますが、やはりなんといっても太陽が顔を出してくれなければ始まらないエネルギー資源です。
群馬は快晴率という点から見ると、全国で20位当たりに位置していますので、真ん中よりちょっといいくらいかなという印象を受けます。
けれどこれを日照時間で見てみると全国4位ということになり、一年を通して快晴ではないけれど、お日様が出ている時間は長いということになります。
日中のお天気というのは、晴れたり曇ったりを繰り返していますから、一日中快晴である日が多いこともありがたいですが、長い時間出ていてくれることも大事です。
それでいえば、群馬は太陽光発電には非常に適した場所であると言えます。
それを踏まえた上でメーカーなどに考慮すれば、かなり発電できるのではないでしょうか。

群馬で設置するなら、まずは比較から

自然エネルギーを活用した太陽光発電は、画期的なシステムでもあります。
昔のローラーパネルとは違い、現在は軽量化したうえに、屋根に出っぱりもなく
スマートな形にもなりました。
見ていても、屋根がすっきりと見えます。
そんな太陽光発電ですが、設置検討するのであればまずはいろんなメーカーから出ているところから見積もりを貰い、比較をしていきましょう。
そして、太陽光発電のパネルを設置するのであれば、見積もり前に自分が住んでいる都道府県と自治体のホームページを閲覧して、補助金の確認です。
国や都道府県に自治体といったところからも補助金制度があるので、その期間を知ることも大事です。
群馬なら、太陽光発電を設置するなら自治体により補助金の金額も違うので知っておくことです。
その上で、複数の太陽光発電を出しているメーカーからの見積もりを一括でしてもらうサイトへ行き、出してもらいましょう。
金額の予算も立てやすくなるでしょう。

良質な太陽光発電業者を選ぶには

太陽光発電業者が数年前と比較して驚くほど増えているので、どんな業者に相談したらいいのか迷っている人も少なくありません。
そのため、信頼性の高い太陽光発電業者を選ぶためには、ランキング形式で紹介しているサイトなどを活用してみると見やすく信頼性の高い業者を選ぶことができるでしょう。
様々な業者は存在しているので、どんな部分がいいのか、残念なのか、料金やアフターフォローはどのようになっているのかなど、様々な視点によって最良の形でのソーラーシステムを導入するために信頼性の高い業者なのかを説明してくれているので、大変快適に見つけることができるでしょう。
さらに、業者の紹介のほかに、その業者を利用した人の口コミが大変わかりやすいので、ぜひ活用してみるべきです。
安心と信頼を兼ね備えた業者であれば、必ずランキング上位にランクされているので、初めての人でも安心して見積もりや取り付けを活用することができるでしょう。

優先順位を決めて太陽光発電を選ぶ

それぞれのお宅にはそれぞれの特徴があります。
地域も違えば屋根の形状、広さ、強度も違います。
安心でおすすめできる太陽光発電はそれぞれ違ってきて当然です。
それを踏まえておすすめできる太陽光発電を選ぶとしたら、
自分にとっての優先順位を決めておくとスムーズに決まるでしょう。
価格、発電量、重量などで優先順位を決めてみてください。
価格を重視するのか、それとも発電量、重量かです。
太陽光発電システムはそれぞれのメーカーでかなり違います。
同じ発電量を得るのに1.5倍の面積が必要になることもあります。
面積が大きくなれば重量も重くなるのは当然で、
同じ発電量を得るのに2倍の重量がかかるものもあります。
私は自宅の屋根の強度を父が心配していたこともあり、
重量が軽くて発電量もある太陽光発電システムを選びました。
そして狭い屋根でもそれに合わせて、
太陽光パネルが設置できる太陽光発電にして正解だったと思っています。
自分にとっての優先順位を決めれば、
納得のいく太陽光発電を選ぶことも容易でしょう。