お勧めの高効率ハイブリッド型太陽光発電

最近、日本全国で住宅用の太陽光発電装置の設置が急速に普及しています。
太陽光発電と一言に言っても
実は色々な種類があることはご存知でしょうか??
太陽光発電は基本的にシリコンという材料を用いて
シリコンに光が当たることで電力が発生し、
それを蓄えることで電池の役割を果たしています。
最近ではハイブリッド型と言われる、
アモルファスシリコンと多結晶薄膜シリコンを重ねた構造の太陽光発電装置が
高効率を実現しています。
通常太陽光にはさまざまな種類の波長をもった光が混じっていますが、
電気に変換される波長というのは実はごく一部なのです、
またアモルファスシリコンと多結晶シリコンで特異な波長領域が異なりますので、
この特性を利用して、一度の太陽光でできるだけ多くの種類の光を
電力に換えてしまおうというのがハイブリッド型太陽光発電なのです。
日本の住宅面積は欧米に比べ狭いですので、
できるだけ省スペースで効率よく発電をしようとしますと、
このような太陽光発電が安全安心な装置だといえます。

全国4位の日照時間を誇る群馬

関東エリアでの太陽光発電の普及状況を見てみると、全国平均を若干下回ります。
しかし、福島原発事故を受けて自然エネルギーへの関心が高まっていることと、夏の慢性的な電力不足が予想されることから、各自治体でも助成金を出して、太陽光発電の普及に努めているようです。
関東エリアの中で一番太陽光発電の普及が進んでいるのが栃木県で、普及率は4.5%と全国平均3.6%を上回っています。
また2番目の群馬県も全国平均を上回る3.9%とまずまずの普及率となっています。
群馬県に関しては日照時間が全国で第4位と大変高く、太陽光発電には最適な環境になっています。
太陽光発電は太陽が顔を出していないと、発電することができません。
ですから、日照時間というのはとても重要な要素なのです。
ちなみに日本で一番日照時間が長い県は山梨県です。
太陽光発電の普及率も5%以上と、やはり大変進んでいます。
日照時間の長さでは群馬県もそれほど変わりませんから、まだまだ伸びる可能性がありそうですね。

我が家の太陽光発電の収支決算

私は群馬県の前橋市に住んでいます。
市内から少し離れたところに自宅があります。
前橋といっても、市内を少し外れるとまだ田んぼがいっぱいあって、牧歌的な雰囲気のところです。
自宅は南向きで、そして周りには太陽をさえぎるものは何もありません。
昨年の5月に意を決して太陽光発電を設置しました。
3.5kwの容量の太陽光発電で、設置価格は170万円くらいです。
そこから25万円ほど補助金で賄うことができました。
残りの145万円はソーラーローンを利用しました。
10年の120回払いです、月ずきの返済は15000円程度です。
群馬県は日照量に関しては優秀で、売電と電気料金の削減効果によって、大体返済と同じくらいの効果があります。
確かの季節によって発電量は違いがあります。
したがって赤字の月もあれば、黒字もあります。
しかし総体的に予想よりも良い結果だと喜んでいます。
メンテナンスなどは必要なく、1kwで42円の売電単価が10年間継続されます。
このようなことから天災でもなければ、確実に完済できるでしょう。

群馬で太陽光発電を考えていますか

群馬に住んでいて、太陽光発電を設置したいって思っているのであれば、まずは、補助金から調べてみるのもいいかもしれません。
補助金のことを知って、いくらくらい費用がかかるのかを知れば、積極的に導入することだってできるようになるでしょう。
では、群馬県ではどんな補助金の制度があるのでしょうか。
あまり知られていないのかもしれません。
最初から太陽光発電は高いからダメだと決めつけているんじゃないでしょうか。
群馬県では、補助金を支給しているんです。
1kwあたり2.4万円が支給されます。
上限額は8万円です。
そこに、国からの補助金と市区町村の補助金がプラスされますから、意外と初期費用が安く済ませられるんじゃないかって思います。
高いと思って毛嫌いしていたけれど、そんなに高くないんだったら、我が家でも太陽光発電を設置しようって思うようになるんじゃないでしょうか。
補助金の計算が難しいと思ったら、業者が計算するので見積もりを依頼してみましょう。

群馬での太陽光発電に適しています

太陽光発電で大事なのは、晴れた日がどれくらいあるかということと、お日様がどのくらいの時間出てくれているかということだと思います。
そのほかにも屋根の向きや、ソーラーパネル等のメーカー品質なども影響してくるとは思いますが、やはりなんといっても太陽が顔を出してくれなければ始まらないエネルギー資源です。
群馬は快晴率という点から見ると、全国で20位当たりに位置していますので、真ん中よりちょっといいくらいかなという印象を受けます。
けれどこれを日照時間で見てみると全国4位ということになり、一年を通して快晴ではないけれど、お日様が出ている時間は長いということになります。
日中のお天気というのは、晴れたり曇ったりを繰り返していますから、一日中快晴である日が多いこともありがたいですが、長い時間出ていてくれることも大事です。
それでいえば、群馬は太陽光発電には非常に適した場所であると言えます。
それを踏まえた上でメーカーなどに考慮すれば、かなり発電できるのではないでしょうか。

群馬で設置するなら、まずは比較から

自然エネルギーを活用した太陽光発電は、画期的なシステムでもあります。
昔のローラーパネルとは違い、現在は軽量化したうえに、屋根に出っぱりもなく
スマートな形にもなりました。
見ていても、屋根がすっきりと見えます。
そんな太陽光発電ですが、設置検討するのであればまずはいろんなメーカーから出ているところから見積もりを貰い、比較をしていきましょう。
そして、太陽光発電のパネルを設置するのであれば、見積もり前に自分が住んでいる都道府県と自治体のホームページを閲覧して、補助金の確認です。
国や都道府県に自治体といったところからも補助金制度があるので、その期間を知ることも大事です。
群馬なら、太陽光発電を設置するなら自治体により補助金の金額も違うので知っておくことです。
その上で、複数の太陽光発電を出しているメーカーからの見積もりを一括でしてもらうサイトへ行き、出してもらいましょう。
金額の予算も立てやすくなるでしょう。

前橋市を活性化

前橋市では太陽光発電により、新たなビジネスや雇用を目指したマッチング事業を展開しています。
具体的には、メガソーラーを設置したい事業者と施工事業者といったところでしょうか。
メガソーラーの候補地がいくつかあります。
多くは農地や畑地ですが、なかには12,498平方メートルという大規模な土地もあります。
マッチング事業に参加したいという発電設備設置関係事業者や発電設備関係製造業者も揃っています。
前橋市は日照時間で見ると日本全体のランキングで上位に位置し、太陽光発電をするには打ってつけの場所だということができそうです。
加えてマッチング事業があり、候補地も電気設備設置関係や製造関係の事業者も揃っています。
すでに金丸町では、2013年2月に市内初のメガソーラーが稼働する予定になっています。
これが、民間の力を活かしたメガソーラー事業を展開する先駆けとなります。
メガソーラーにはいろいろな事業者が関わるわけですから、地域の活性化にとってかなり有望な事業ということができそうです。
前橋市のこのマッチング事業が成功すれば、
日本全国の自治体で同じような事業を行いたいというところもでてきそうです。
ドイツのように安い中国産の太陽光パネルに押されて、国内の太陽光発電メーカーを育成することに失敗したという例もあります。
ここは国の経済対策として、もっと国内の太陽光発電メーカーや設置事業者などが育つように、後押ししてもらいたいと思います。

前橋市では住宅用太陽光発電システム設置費用補助事業を遣ってます

これは、前橋市の太陽光発電導入補助事業の、概要です。
同市が行ってるのは、住宅用太陽光発電設備を導入する人へ、設置費用の一部を補助して、普及を促進しようという狙いがあります。
この制度は、地球温暖化防止対策を推し進めるもので、新エネルギーの普及を図る目的もあるんです。
前橋市は、予算が少なくなって来たために増額してます。
申請状況は、ほぼ1ヶ月毎に更新されますから、常に新しい情報を掴めるでしょう。
まず、重要な申請期間から記載しておきますから、参考にして下さい。
では、平成24年4月2日から、平成25年2月28日までです。
しかし、予算がなくなり次第受付終了なので、注意が要ります。
そして、補助金額は1kWあたり2万円でして、上限が8万円です。
次に、申請方法ですが、市のホームページから申請用紙がダウンロード出来ます。
市の担当窓口でも貰えますから、インターネット環境がない人でも大丈夫です。
そして、補助金の申請する場合は必要な書類を1部ずつ、発電設備を着工する前に、窓口へ直に提出しなければなりません。
それから注意点として、申請してから交付の採決がなされるので、交付が決まってから設備を設置するようにしないと、全額負担しなければならなくなります。
また、組合などが補助金を出してる場合、2箇所からは助成金を受けられないので、これも注意して下さい。
尚、必要な書類がたくさんありますから、自治体へ直接問い合わせた方が良いでしょう。

前橋市の補助制度について

「太陽光発電システム」をご存じですか?
詳しい仕組みは分からなくても、その名前からしてなんとなくどんなものかは想像できますよね。
太陽光発電は簡単に説明すると、太陽光のエネルギーを電力に変換することができるシステムのことです。
近年この太陽光発電システムを導入する企業や個人宅は増えてきています。
太陽光発電システムの装置を購入するには、高額な費用がかかってしまいます。
前橋市に住んでいるわたしの親戚のお宅では、何十万円もの費用がかかったと言っていました。
ただ、その親戚のお宅では太陽光発電システムの購入に対して補助金がもらえたとのことで、少しはお得に購入することができたみたいですね。
前橋市の太陽光発電の補助制度については、「住宅用太陽光発電システム設置費補助事業」が設けられています。
なお、この補助金制度は期間内であっても予算額に達した時点で受付が終了となるようです。
これからこの補助金制度を利用しようと思っているかたは、受付が終了されていないかどうか事前によく確認しておいてくださいね。
また、補助金を受けるためには条件等も指定されていますから、そのこともよく確認しておく必要があります。
せっかく太陽光発電システムの装置を購入しても、条件を満たしていなくて補助金が受けられなくなってしまったら悲しいですよね。
この前橋市の太陽光発電補助制度についての詳細は、前橋市のインターネットサイトからも確認することができますよ。
ぜひ、確認してみてくださいね。