災害時でも安心して生活をすることができる

大きな地震や大雨、台風などを経験して太陽光発電を導入する家庭が増えているので、以前に比べるとお得に導入をすることができるようになっています。
災害時でも、しばらくの間は電気を使用することが出来ますし、太陽光を利用して、自家発電をすることが出来るので、電力不足が心配されている中なので、安心して生活をすることが出来るようになるなどのメリットがあります。
太陽光パネルは、数多くの信頼できるメーカーの商品が紹介されているので、自分の家の方角や形状にあった発電量の多い商品を選ぶことが大切です。
優良な専門業者であれば、しっかりと打ち合わせをするので契約を急がされる心配がないので、週末の休みを利用してお店に行ってみると良いと思います。
経験豊富なスタッフが太陽光発電を導入するメリットについて説明をしてくれるので、納得が行くまで話し合うことが大切です。
自宅で使用しきれなかった電力は、電気会社に売電をすることが出来るので、毎月収入を得ることが出来るなどのメリットがあります。

メリットがいっぱい

太陽光発電には、メリットがいっぱいある。
一つ目はやっぱり、なんと言っても昼間の余剰電力の売電だ。
特に、共働きの家は、昼間には、冷蔵庫等常に通電している家電以外はほとんど電力を消費しない。
その為、発電量の多くを売電できるからだ。
そのメリットは非常にお大きく、直接家計に影響する。
そして、太陽光発電システムを導入したことによって、リアルタイムで発電量と電飾消費量をモニターできるようになることも、大きなメリットです。
もちろん、これで、どれくらいの電力を電力会社に売電したかが分かりますし、どれくらい電力を消費しているかも、分かるのです。
つまり、どの家電を使うとどれくらい消費量が上がるのかを実際に確認することが出来るのです。
冷蔵庫のコンプレッサーが動き出すと、すぐに電力消費がわずかに上がることも確認できます。
これらは、大人の我々にとっても節電を大きく意識するきっかけになりますし、子供にとっても、節電を意識する良いどう気になっています。
そして、これまで以上に日中のお天気を気にするようになります。
本当に、発電量とお天気そして、日照時間が比例しているので、導入前だったら本当に気にしないようなことに付いても、子どもは(大人も)好奇心を持つようになりました。
節電をより意識するようになって、太陽の恵みについても意識するようになる。
これは、間接的にではありますが、自然環境保全に貢献することにも繋がっていますが、それを意識するきっかけにもなっています。
政府には、補助金等で自然エネルギーの普及をもっと後押ししてほしいと思うくらいです。

安心できる地球にやさしい電力発電について

地球温暖化が現在深刻な環境問題、社会問題としてとりあげられています。
さまざまな場所で環境に配慮した取り組みを行っているところも多いですが、電力発電方法を考えてみるのも立派な環境に配慮した活動です。
節電なども世間で話題になっています。
電力供給方法を地球温暖化をするめる二酸化炭素を排出するエネルギー発電方法から原因となる二酸化炭素を排出しない自然電力発電方法にきりかえようとする動きがさまざまな場所で実施されています。
自然電力発電方法にはさまざまなものがありますが中でも太陽光発電は太陽の光さえあればその光をエネルギーに変換するため、とても効率のよい自然電力発電方法といわれています。
電力を発電しやすい自然エネルギー電力供給方法であるためご家庭でのソーラーパネル設置もひろがっています。
電気代の節約にもなるため多くのご家庭で太陽光発電は支持されています。
そのため太陽光発電は安心でおすすめの自然電力発電方法です。
今後も普及が進むと思われます。

よく聞く「太陽光発電にして、よくなったこと」

一昨年の東日本大震災以降、原子力にたよる発電に対して、国民全体の総意のようになってしまいました。
ポスト原子力発電として、重油とかを燃やす火力発電とか、風の力をかりる風力発電、あるいは 空から無限に降り注いでくる太陽光線を電気に変える太陽光発電等が注目を俄然集めました。
特に、国策として、太陽光発電システムの普及を勧めているので、種々の対策がなされています。
太陽光発電システムを取りつけるのにかかる費用を削減させるために、国からの補助金、県からの助成金、そして 自家使用で使って 更にあまった余剰電力を電力会社が買い上げるシステムの構築がなされました。
その結果、5年前までは 平均的な戸建ての家では 400万円強で、費用回収には20年以上かかっていましたが、現在では各種施策のおかげで 250万円弱で 、投資費用の回収には 10数年で可能なようになってきました。
具体的には、地方に行くと、特に日照時間の多い 埼玉、群馬辺りでは 数年前に比べて、屋根の上に 太陽光パネルが確実に増えています。
地元の私が、ここ1年で 感じたのは、知り合いに 太陽光パネルシステムを取り付けた知人が 確実に増えたということです。
熊谷に住む友人の家の屋根には、太陽光パネルが付きました。
ギラギラと反射して、周辺にいくとまぶしいです。
家の中に入ると、リビングの柱のところに モニタ-BOXが
取り付けられていました。
その時の太陽光から発電している電気量が、ひと目でわかるようになっています。
同時に、その時、自家使用している電気量もわかるようになっています。
当然、二つの目盛を、読みとることで 余剰電力がわかるのですね。
その友達は、太陽光発電システムを取り付けたことで 色々と変わったことを説明してくれました。
まず、天気が気になるようになります。
雨だと 太陽光発電が出来なくなります。
また、自家使用をなるべくしないようになるようです。
具体的には、つけっぱなしの空調とか、消し忘れの照明がすっかりなくなったようです。
太陽光発電システムには、実際に売電することで、費用の回収が出来る以外に、このような居住者の省エネマインドの向上という 副産物があるようです。
面白いですね。