お勧めの高効率ハイブリッド型太陽光発電

最近、日本全国で住宅用の太陽光発電装置の設置が急速に普及しています。
太陽光発電と一言に言っても
実は色々な種類があることはご存知でしょうか??
太陽光発電は基本的にシリコンという材料を用いて
シリコンに光が当たることで電力が発生し、
それを蓄えることで電池の役割を果たしています。
最近ではハイブリッド型と言われる、
アモルファスシリコンと多結晶薄膜シリコンを重ねた構造の太陽光発電装置が
高効率を実現しています。
通常太陽光にはさまざまな種類の波長をもった光が混じっていますが、
電気に変換される波長というのは実はごく一部なのです、
またアモルファスシリコンと多結晶シリコンで特異な波長領域が異なりますので、
この特性を利用して、一度の太陽光でできるだけ多くの種類の光を
電力に換えてしまおうというのがハイブリッド型太陽光発電なのです。
日本の住宅面積は欧米に比べ狭いですので、
できるだけ省スペースで効率よく発電をしようとしますと、
このような太陽光発電が安全安心な装置だといえます。


コメントは受け付けていません。