全国4位の日照時間を誇る群馬

関東エリアでの太陽光発電の普及状況を見てみると、全国平均を若干下回ります。
しかし、福島原発事故を受けて自然エネルギーへの関心が高まっていることと、夏の慢性的な電力不足が予想されることから、各自治体でも助成金を出して、太陽光発電の普及に努めているようです。
関東エリアの中で一番太陽光発電の普及が進んでいるのが栃木県で、普及率は4.5%と全国平均3.6%を上回っています。
また2番目の群馬県も全国平均を上回る3.9%とまずまずの普及率となっています。
群馬県に関しては日照時間が全国で第4位と大変高く、太陽光発電には最適な環境になっています。
太陽光発電は太陽が顔を出していないと、発電することができません。
ですから、日照時間というのはとても重要な要素なのです。
ちなみに日本で一番日照時間が長い県は山梨県です。
太陽光発電の普及率も5%以上と、やはり大変進んでいます。
日照時間の長さでは群馬県もそれほど変わりませんから、まだまだ伸びる可能性がありそうですね。

コメントは受け付けていません。